ブログトップ
<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
豹変バトン








 ぐずついた天気が続いたこの週末、皆いかがお過ごしだったろうか。
 まあほとんどの知り合いは学園のソフトボール大会で盛り上がっていたのだろうが――俺はこの週末、と言っても土曜日、名古屋へと赴いてきた。
 いや、用事は大したことではない、知人の結婚式があったので祖父の名代として顔を出してきただけだ、ちなみに同じく親戚であり名古屋が地元であるところの朔も一緒であった。

 とりあえず…名古屋駅の待合室内で売られているサンドイッチはさりげに美味かった。
 あと、式に急にこれなくなった人間が居り、その分の料理も頂いてしまったのはラッキーだった♪
 隣の席で、朔は「品数が多い…」と、参り気味だったが。

 さて。

 文乃からバトンが回ってきているので回答しよう。

【以下回答編】
[PR]
by ryu-itirou | 2008-05-25 21:58 | バトン
後日談



















「…ってことでな、先方さんも喜んでた。これでやっと開発に手ぇつけられるってよ。巡らせてあった足場の木もそうとう痛んでるって話だったからなぁ」

「確か自然公園にするんでしたか…個人的には、あのままそっとしておいて欲しい気もしますが」

「判らんでもねぇ。特に直接対峙して奴さんの『想い』を肌で感じてきたお前だ、そう思うのもムリもねぇだろうがな――…こっちもお飯くわにゃならねぇしよ」

 携帯電話の向こうで、苦笑いを浮かべるヒゲに覆われた口元が見えるようだった。

「――そうですね、あそこの開発にはウチの系列の会社も一口噛ませて貰っていますし…仕方ないことと諦めますか」

 気付かれぬよう、携帯を少しズラして吐息を吐く。
 やっと静かに眠らせてやれる。
 そう思っていただけに、判っていたこととはいえ、この流れに多少の口惜しさも出るというものだ。

「でもよ」

 そう、彼が続けた、まるで此方の気落ちを敏く察したかのようにその口ぶりは悪戯小僧めいた笑みを含んでいる。

「あの桜と、周りはいじらねぇように話は持ってくつもりだ。…静か過ぎるのも寂しいってもんだろ?」

 ふ。
 此方まで思わず笑ってしまうようなその口ぶり。

「そうですね、静か過ぎるのも――良くない」

「もともとそんな流行るような場所でもねぇしよ!」
 呵々と笑う。
 おいおい。

「…まったくあの人には適わんな」
 電話を切ってそう、独りごちる。
 部屋を横切る。
 神棚に並んだ二つの霊璽。
 その左側へ向き直り二拝ニ拍一拝。
 すなわち二度頭を下げ、二度柏手を打ち、再び一度、頭を下げる。

「彼の剣を見て…少し、あなたを思い出しました」

 一族でももっとも美しい剣を使うと謳われた生前の彼。
 天才と呼ばれ、将来を嘱望されながらも。
 結局、死の間際まで力に目覚めることなく――…若くして散った彼。
 幼心に、いつか彼のようになりたいと胸熱くさせた俺の、父。

『…おやおや、なんとも照れますねこれは』
 照れくさそうに、そう笑う顔が、見えた気がした。



















 ………。




















 よし。



















 本日の自己満足、完了。


『あああ、そんな身も蓋も無い…』
[PR]
by ryu-itirou | 2008-05-19 00:00 | 雑記
花天月地























e0095441_1343257.jpg


花は天に満ち 月は地を染め上げる
















============================================================
 この作品は、株式会社トミーウォーカーの運営する
『シルバーレイン』の世界観を元に、
株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
 イラストの使用権は作品を発注したお客様に、
著作権はたまに、
全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
============================================================
[PR]
by ryu-itirou | 2008-05-18 13:46 | 画廊
花嵐






























e0095441_1333229.jpg


どうか 届け




















============================================================
 この作品は、株式会社トミーウォーカーの運営する
『シルバーレイン』の世界観を元に、
株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
 イラストの使用権は作品を発注したお客様に、
著作権は泉カイリに、
全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
============================================================
[PR]
by ryu-itirou | 2008-05-18 13:42 | 画廊
東京オフ IN 2008 GW(本編)



 おいーっす。

 声が小さーい。

 もいっぺんおいーっす。

 さて、GW恒例日本縦断オフIN東京へ参加してきたので忘れぬうちにレポっておこう。

 天気は生憎の雨。
 だが午後からは止むとの予報を信じて風雨の中まずは東京駅へと向かう。
 電車の中から会う予定の面子へメールを送る、皆それぞれに会場へ向かっているらしい。
 個人的に意外だったのはみずるである。
 みずるは背後レベルで長い付き合いのある人間なわけだが…本来、時間にルーズなほうであるのは、友人一同認めるところ。
 それが一足先に会場近くへ着いており、珪、相澤と合流するという。

 生きるとは変化すること、奴も成長したものだと思わずしみじみ。
 さて、東京駅、朔と共に遥か北の大地から参加(しかも事前にお土産を買っていく)と連絡を貰っていた奈緒へのお返しをチョイス。
 東京らしいもの、というコンセプトを第一に考えたところ、やはりこれかと銘菓ひよこを選んで購入、有楽町へと向かった。

 IN 有楽町。
 国際フォーラム口を探す、が、構内の案内板には見当たらない。
 もう出口近くになってこの名を発見、出口から出る前に読売会館の位置を駅員に聞く。
「え?よみうりホールなら目の前だけど?」
 …正直、ビッグカメラと同じビルの7Fと書いたほうが判りやすかったのではないかと思ったり。(笑)

 何時の間にやら合流した無限の知り合いと2F酒売り場に惹かれつつも7Fへ移動、受付をすませて会場内へ。

 ……映画館か劇場、という風情。
 椅子が多くて溜まりにくいだろうな…と真っ先に思ってしまったのは秘密だ。
 さて、そんな中無限の方の知り合いとさらに合流、受付で貰ったバトルカードの見せ合いに入る。
 俺が無限の方のザウス神、あと憶えている中では無限の知り合いが従属ヴァンパイアのあゆみ、みずるが毒島のカードだった。
 というわけで先に会場入りしていたみずる、珪、相澤、文乃、そして元クラスメイトの西と合流。
 席が微妙に遠かったので二階席へ移動しようという話になり係員の指示に従って移動したのだが…此処でも微妙に不思議なことが。
 一階席の舞台近くからアーチ状に二階席へ上がれるつくりになっていたのだが…舞台向かって左前からアーチを昇り、渡り、降り。

 …真反対の舞台右端前へ座らされることに。(笑)

 …いや。
 普通こういう作りなら、席は真ん中から埋めていくものではないだろうか…まあ良いのだが。(笑)

 さて。
 そうこうしている間に開会式も終了。
 その間に躑躅も会場へ到着、奈緒もどうやら無事に会場入りしていると連絡を貰う。
 席を同じくできなかった古武道部の面子と合流しメシを食いに行った。
 俺・朔・珪・みずる・躑躅・文乃・相澤・奈緒、それに藤堂のところのしわすに殻都。
 あと此処には混じらなかったが他に挨拶の出来た学園生徒は部員で深咲、月姫、それに元クラスメイトの藤原であったことを記しておこう。
 他に参加していたであろう更夜やヒコ、識など会いたい面子も居たには居たが…なにせ人数が多く、会えずじまいとなってしまったのは残念だった。
 だがまあ去年に同じく、また先の楽しみが出来たと思えばそれもまた良し。

 というわけで東京国際フォーラム内、レストランにて昼食。
e0095441_13553371.jpg

 この頃にはほぼ雨も止んでおりなによりだった、個人的にはこのままこの緑のある空間でゆっくりしていたかったくらいだ。(笑)
 とはいえその後再び会場へ移動し、このあとの予定までは自由時間。
 此処で結社シナリオをお願いした椿MSへ是非挨拶を、と考え、午後から合流した青柳と共にMS陣が集まるエリアへと移動、捜索を開始したわけだが…。
 結果から言うと挨拶することは適わなかった。
 それぞれのMSさんがバラついていたし、やはり名札だけではイマイチ判別が適わぬのが敗因。
 次の機会があれば必ず対面を果たそうと心に誓う、方々からエロいと連発されたというその風情。
 是非とも拝見致したいのである。(きりっ)

 さて、そんなこんなで夕方。
 次の日がある相澤、奈緒らと別れ池袋の某所へと繰り出した。
 いや、某乙女ロードに女性陣が繰り出し、男面子はカフェで時間を潰していたわけだが。(そしてその後は軽く飲み会、特別ゲストも参加したが)
 そこからはオフレコにしておくが…初めて会えた面子の所感でも。
 相澤はやはり元気でアクティブ、そして奈緒はまだ背後さんも若く、純朴な様子が好印象。
 しわすはやはり元気で可愛らしく、殻都は少々お疲れ気味であったが次の機会には体調を万全にまた会いたいもの。
 西は意外といえば意外…いや、スーツ姿が決まっている好青年。
 そして藤原はうむ、やはり元気そうな方だった。

 出会えた方に感謝を。
 そして再び会えることを祈って。


 P.S.
 各地方の土産、とても美味しくいただいた、ご馳走様♪
[PR]
by ryu-itirou | 2008-05-06 13:56 | 雑記
東京オフ IN 2008 GW
 無事にオフ会への参加をすませて帰還。

 詳細はまた後日にでもあげたいと思うが…まずは一言だけ。























 ……まさかみずるがあんなことに…。
[PR]
by ryu-itirou | 2008-05-04 01:42 | 雑記