ブログトップ
<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
今治市開放戦終了



 当日夜のことだ。
 山中で一休みしたのち、三々五々に帰途につく学園生徒と別に、所属している身内結社の面々と道後温泉へ足を伸ばして一泊してきた。
 伊予牛のしゃぶしゃぶに船盛、松茸の土瓶蒸しに芋炊き、鯛めし等々のご馳走に舌鼓を打ちつつ戦いの疲れを取り、日本最古の温泉郷にて疲れを癒す。

 そういえば朝起きた時。
 同室の青柳が起きぬけになにやら妙な顔をしていたのは何だったのだろうと思いつつ…夕べ鎌倉へと戻ってこの日記を書いている。

 さて、そんなわけで。

 こたびの戦いも、おかげさまで大きな怪我もなく終えることが出来た。
 タッグを組み、共に戦線を支えてくれた八重には感謝である。
 そして勿論、戦いに参加したすべての皆へもお疲れさんと言葉を述べさせて貰いたい。

 結果はと言えば、土蜘蛛の女王、天輪宗(百地・いろはの救出)、リリスの首領揺り籠の君、と3つの目標のうち2つを達成することが出来た。

 恐らく参加した学園の皆が口惜しく思っているであろう揺り籠の君、通称ゆりゆりの逃亡については…個人的には、まあ致し方ないかなと思わなくもない。

 運命の第7ターンにおいての逆侵攻を誘っての撃破。
 決まれば痛快な、確かに良い手ではあったものの…。

 赤信号、車は急に止まれない。

 そんな交通標語と同じように、6千人近い学園の巨大な力はそうそう急ブレーキは効かなかったようである。
 メタな話になるが、出先から携帯で参加してくれていた者など、逐一ポジション結社を確認して参加するのも難しい。
 そんな事情を鑑みるに、当日まで勢力も判らない戦争ではなかなかこういう手段を用いるのはどうやら難しいようである。
 だが今回試してみることによって、逆侵攻を利用するという手段が難しいことが判っただけ、進歩があったというものである。
 いわんや、戦争などと言うものは自分一人の力で行えるようなものでは決してない、俺達は一騎当千などとは、まだまだとても言えぬ力量しか持ち得ない。
 組織あげての戦争は、それに参加した能力者皆の総力を結集してやるもの。
 であるならば。
 自分の考えと違ったから、想定した流れと違ったからといって怒るなどというのはまったくの筋違いというものだ。

 この経験を、次回以降の戦いでまた生かしていければ良いのではないかと思う。

 しかしあのゆりゆりは頭が良いのか悪いのか、と思ってしまう。
 冷静に此方の戦力を測っているように見えて、その言動や行動はとても素直、まるで小さな子供のような印象すら受ける。

 さらに言うならば、彼女はいったいなんなのだろう?
 リリスだろうといわれているが、そのリリスをも魅了する彼女の力は、一概にただのリリスと一括りにしがたいものがあると思うのだ。
 そして彼女が、何時から現代のこの世界で活動を始めたのかと、そこも個人的には疑問である。
 というのは――…以前の日記でそれらしいことを書いたが、俺はてっきりこのゆりゆりが、天輪宗の老人達が言っていた『大いなる災い』なのではないか――そう思っていたからだ。

 しかしこたびの戦いではそれを裏付けるような情報を得ることが出来なかった。
 であるから…瑞貴が四国に渡り、封印石を集め始めた時期と、蜘蛛童とリリスが組んで起こしていた事件。
 そして、ゆいゆりがこの世界で動き出した時期を照らし合わせることによって、事実関係を探りたかったわけである。
 蜘蛛童とリリスが組んで起こした事件については、まず間違いなく瑞貴とゆりゆりの同盟があってこそのものだろうことは判る。
 だが、それと瑞貴が封印石を集めていた事実が繋がらないのだ。

 なので今になって、まだ大いなる災いなる存在はこの世に現れていないのかと思えてきたわけだ。
 またそうなると、あれほどの力を持つ揺り籠の君がこれまでどこでどうしていたのかというのがまた気になる。
 強大な力を持つ彼女が前々から活動していたのならば、学園が気づかないわけがないのでは?と、思えるからだ。

 まだまだ謎が多く、想像するのにも情報が足りないが――…再び彼女が動きを見せた時には。

 必ずや、首根っこひっ捕まえて、息の根を止めなければならないだろう――それが能力者の勤めであるが故に。

 しかし今は一先ず、お疲れさん、と。
 ねぎらいの言葉をもって、この記事を閉じたいと思う。



















 …ああ、そうそう。
 個人的には、四国の封印石を開封しての妖獣援軍が出るならば…かの封印石依頼に出てきた狸型の新たな妖獣が出て来て欲しかった。(笑)
[PR]
by ryu-itirou | 2008-09-30 21:48 | 雑記
剣抜弩張




















 一触即発の状態。
 また、勝負に出る前の激しい気持ちの形容。
「弩」は機械じかけで射る強い弓。
[PR]
by ryu-itirou | 2008-09-28 00:02 | 雑記
今治市解放戦



 さて、こたびの戦、その舞台となる今治市だが…なんとなく『いまはる』だと思っていて、つい先ほど「そういえばこれで正しい読みなのか?」と気になって調べ、『いまばり』であることを知った。

 『いま』は『とても美しい』という意味が。
 そして『ばり』は、『広々した・大きい』という意味があるそうだ。
 もともと四国や九州、中国の沿岸地方は古代日本にやってきた海人族を祖先とする血族も多いわけだが…この『いまばり』という言葉、チベット語に置き換えてみても意味があるようで。

 『いま』は陸。
 『はり』は『ゆる』の変化形で、『ゆる』というのは『広い土地』の意味を持つという。

 ――…美しい、広い大きな土地。

 長い長い旅路を経て、古代この地に住んだ彼らがどんな感慨を持ってこの名を呼んだかはもう知る由もない。
 だが、そんな美しい名を持つこの地をこれ以上汚させるわけにはいかないとは、今に生きる俺も思える。
 余談だが、上に記した内容は今治おもしろ百科というサイトで述べられているものなので、興味がある者は自分で調べてみるのも良いかもしれない。
 話を戻す。
 まして今回のこの事件、全ての件をあわせれば、すでに犠牲者は200にも届こうという数の、一般人が犠牲となっているのだ。
 妖獣事件は兎も角、世界結界へ重大なダメージを与えたであろうリリス達の饗宴。
 そして蘇った巨大な邪悪――揺り籠の君。
 果たして彼女が本当に、天輪宗の老人らが語った邪悪であるかどうか。
 またリリス達の宴が世界結界へのダメージを以ってより多くの詠唱銀を得るためのものであったのか、はたまた彼女らを統率するに足る存在であるところの揺り籠の君を蘇らせるためのものであったのか。
 それはすでに問題ではない。

 我々の祖先が今の我々では及ぶべくもない苦悩を抱え、そして思案し実行した『世界結界』という名の呪法。
 それは『世界の真実を覆い隠すことで平和を齎す』という人類の重大な選択だった。
 それはもしかしたら、嘗て異国からこの地にたどり着いた海人族の祖先と同じく、異世界からやってきてこの地に隠れ住むことを選択した来訪者の祖も、含まれていたかもしれない。
 それは無論、今回の首謀者と目される東北土蜘蛛の女王瑞貴の土蜘蛛一族も含まれるのだ。

 温故知新。

 故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る。
 経験のない新しいことを進めるにも、まず過去を充分学ぶことから始め、知恵を得ようという言葉だ。
 偏見を恐れず言ってしまえば――…女王瑞貴のやっていることは、彼の一族のためにはある面で、正しい。
 自分の一族を率い、まずは今治の地に国を作って世界を統べる。
 覇王の道だ、そして今まで世界の裏側で燻っていた彼の一族を、日の光の下へと導く道だ。
 だが彼は、自らの祖のしてきたことをまず学び、それを良く理解してから行動をするべきだった。
 温故知新、この言葉を率先しようとした帯刀をないがしろにした彼の、一番の過ちがこれだ。
 端的に言えば、彼は性急に過ぎたのである。
 
 よって俺は、戦争のたびに言っている気がする言葉を再び此処に記す。
 事此処に至っては――…すでに言葉に、意味はない。

 俺達は俺達の主義を貫くために。
 彼らは彼らの主張を通すために。

 さあ、戦を始めよう。



















 EGO-WRAPPIN'のシングルとアルバムをヘビーローテし、この週末一足早く過ぎ去った嵐と別に、来週末伊予の地を直撃するだろう嵐を思いながら――…鎌倉にて。
[PR]
by ryu-itirou | 2008-09-20 15:27 | 雑記
CM


















 久々にゆっくりとTVを眺めていたら少し気になるCMを見つけた。

 男性向けフレグランスのAXEの新商品、DarktemptationのCMだった。
 チョコレートで体が出来ている風の男性が出て来るCMなのだが…そのCMに使われている歌が気になり、検索してみた。

 EGO-WRAPPIN'というバンドが歌っている曲で「GO ACTION」という歌らしい。

 ちょっとまともに聞きたくなった、すでに発売しているようなので探してみようと思う。
[PR]
by ryu-itirou | 2008-09-18 00:10 | 雑記
驟雨




 さて。
 …いよいよキナ臭くなって来た。

 毒島らが向かった天輪宗への潜入依頼、その報告書が学園に齎された。
 結果から言うと、最悪である。

 この依頼が出された時、運命予報士である扇が言っていた中に、気になる発言があったらしきことを、俺は覚えていた。

 曰く。

『あれだけの数の妖獣を封じたとなるとメガリスの効果かもしれない』

『(鋏角衆が)石を見張るような素振りをしていたようだから』

『瑞貴達から何らか接触はあった』

 あの日、あの放課後の教室と運命の糸が結ばれた能力者生徒達の口から伝え聞いて、俺はそんなバカなと思ったものである。
 天輪宗がメガリスを持っているかもしれない、というのは兎も角…正直、この依頼が出された時点で、土蜘蛛と天輪宗が手を組んでいるように見える情報が、他の依頼結果に現れていたとは思えなかったからだ。

 であるから――はて、これは俺の考えすぎか?鋏角衆が石を見張るというのは、石を奪うがために様子を伺っていたということか、瑞貴達からの接触というのは天輪宗下位の見張り役へ瑞貴配下の土蜘蛛一族が接触を持った、ということか、と、そう俺が考えてしまったのも仕方あるまい。
 今となっては過去の依頼を総ざらいしてその情報が果たして出ていたものかと考える間も惜しい。

 上記の依頼結果に『天輪宗本部の中に、土蜘蛛一族が存在する』ことは、依頼参加者の手によって、すでに確定事項となったからだ。
 そしてあわせて…教団のTOPは大体が高年齢の能力者であり、ほぼ間違いなく静かなる狂気に犯されているだろうことも。

 さて上でも述べたが…これは最悪である。
 能力と組織、さらにメガリスという強大な力を有しながらも(あえて所有していると断定する)、狂気に犯され、正気ではない天輪宗という存在を。

 同じく狂気に犯され、それら力を躊躇い無く振るえる巨大なエゴと組織力、天輪の老人達にはない、世界の正しい知識を持つ瑞貴が。

 …利用し、取り込み。
 まさに蜘蛛の糸にて絡め取り、操っている可能性が非常に高くなるからである。
 長くかの石を守ってきた団結力に裏打ちされた能力者集団としての実力に加え、メガリスまで有するとなれば瑞貴が接触し、利用してやろうと考えるに充分。
 しかし、うむ、このカップリングはとても拙い、やはり瑞貴は老人ではなく帯刀と――いや、そうでなくて。

 …いよいよ天輪宗+東北土蜘蛛一族+リリスVS銀誓館学園の戦争が勃発するかもしれない危険性が高くなって来たということである。

 以前は、天輪宗と瑞貴率いる土蜘蛛一族、その瑞貴を追う土蜘蛛の巫女一派と銀誓館学園という四つ巴の争いになるやも、と危惧していたわけだが――こと、此処に至って天輪宗と東北土蜘蛛一族(瑞貴派&巫女一派)は完全に結託したといって良いだろう。
 これで前回の記事にも書いた、あの帯刀を含む巫女の集団が、愛媛東部に現れた土蜘蛛の集団に合流しようという動きを見せたのも納得である、おそらく巫女達は最後には…たとえどのようなモノだろうとも、自分達の王に従うことを選んだのだ。

 もっとも個人的には…あの女王付きの巫女――帯刀の真意は測りかねるところもある。

 あの東北依頼からの逃亡のあと、二人がどんな邂逅を果たし、どんな話をしたのかは知る由もない、知る由も無いが…。
 嘗ての報告書から感じられる奴の責任感を慮るに、一旦は再び従う動きを見せつつもいざ本当に瑞貴が狂気に犯され、もはや取り返しが着かないと感じたら己が命を捨ててでも奴を止めかねない――…そんな気が、してしまうからだ。

 …最近は日本にも、熱帯地方によく見られたスコールが降るようになったなと思う。

 果たしてこの、強風が運んできた雨は。
 通り雨で終わるものか?

 ――それとも。
 …秋の嵐の前触れとなるか――?
[PR]
by ryu-itirou | 2008-09-07 15:23 | 雑記